アットローンのサイトです。
マイカー 軽減 多重 サイト 知名度 ビジネス ぐらい ちなみに 完了 職場 回数 いくら 年月日 公的 把握 個人 かなり 言え 健康 使っ 年率 回収 馴染み かかり 元本 込み そして 実は ワーク 方法

ユーザビリティとは?/ アットローン

[ 48] Amazon.co.jp: ウェブ・ユーザビリティ―顧客を逃がさないサイトづくりの秘訣: ヤコブ ニールセン; 篠原 稔和, グエル: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a?|a?§a??a?≫a?|a??a?¶a??a?aa??a?£a?e!§aR¢a??e?a??a??a?aa??a?μa??a??a?\a??a??a?Rc§?e¨£-a??a?3a??-a??a??a?≪a?≫a?3-c ̄?a??-c¨?a??/dp/4844355627

ウェブサイトを作ること自体は決して難しいことではない。しかし、ユーザーの幅広いニーズや期待にこたえ得るサイトを作るのは、また別の話である。『Designing Web Usability: The Practice of Simplicity(邦題:ウェブ・ユーザビリティ―顧客を逃がさないサイトづくりの秘訣)』では、有名なウェブ・ユーザビリティの師匠、ヤコブ・ニールセンの洞察力に満ちた考えを垣間見ることができる。ウェブサイトの実例と注釈がついており、ウェブ・デベロッパーにとって重要なデザインの知識をこの1冊にコンパクトに収めている。 このガイドはウェブ・ユーザビリティをページ、内容、サイト、イントラネットデザインに分けて解説している。他の本では一緒に説明されていることが多いが、このように分けることで、読者のニーズにうまくこたえている。たとえば、さまざまなモニターサイズでのページの見せ方の条件と、「scanability」用の簡潔なテキストの書き方を別々に説明している、といった具合だ。また「frames: just say no」というように、フレーズで著者の意見をわかりやすく表しているのもこの本ならではの特徴だろう。 さらにユニークなのは、さまざまなテクニックやテクノロジーに対する著者の意見を、実際の統計で裏付けしている点である。スクリーンサイズ、サーチエンジンに出されたクエリのタイプ、接続タイプごとの応答時間の統計結果などが紹介されている。実際のデータに裏付けられた数々のテクニックが学べる、ウェブ・デベロッパー必読の書と言えよう。
本書があれば、インターネット上の9割方のサイトよりも優れたデザインを考え出す秘密兵器を手に入れたようなものだ。何故って、9割のデザイナーは著者が教える簡単なテクニックを知らないか、使おうとしないのだから。ユーザビリティを学ぶだけではサイトはよくならない。それをサイトに生かしてこそ、価値があるのだ。
この本、2000年に出ていた。読んだのは2002年も終わりのころだった。それ以来、何回も何回も手にとってパラパラと読んでしまうが、その度に新鮮だ。時代に左右されない、基本原則、基本ルールがここには詰まっているからだろう。ユーザビリティについてのコブニールセン氏の洞察力もさることながら、自身のトライアンドエラーが、読者に感銘をあたえるのだと思う。
今、氾濫しているビジュアル過剰のサイトの在り方に疑問を感じていたわたしに、「その通り!」と言ってくれたのがこの本でした。ページごとのポジションの重要性や、色に対するコメント、ハンディキャップを持つ方に対するアプローチ法など、自分では気がついていなかった事も細部に亘って具体的に書いてありとても参考になりました。具体例としてサイトを載せてある点も解りやすくて良かったです。
テクニック主体になっていたWebデザインの世界に、使いやすさという側面の導入を求める本書は、インターネットが万人のものになろうとしている時代にとって、福音ではないでしょうか。使いづらいWebサイトが多くなってきた今、Webマスター必携だと思います。
読んでみれば当たり前に見えるかもしれないが、この本の内容に反するサイトは星の数ほどあると思う。変に技術的ではなく、ちょっとした工夫によるユーザビリティの改善も多...
ウェブ・ユーザビリティについてはとかくデザイン面での話しが多くなりがちであるが、この本ではデザインをアーキテクチャーの観点から論じています。実例も豊富ですし、雑...
仕事としてホームページ製作をする、デザイナーさん、プロデューサーさん、営業さんにオススメです。ホームページ製作の基礎の基礎みたいな部分がみっちりかかれているので...
事例が時間順で並べてあって素人の私にも面白かったです。こういう点を気をつけたから、このように変更した。ということがわかって楽しいのです。自分でホームページを作る...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

アットローンのサイトです。

アットローンのサイトです。