アットローンのサイトです。
明細 留意 証明 優れ 専業 完結 屋台 リフォームローン 教室 手口 javascript 日本 解決 中古 休止 転載 モビット イヤー 実は 貸出 あくまで 被害 クレジット アットローンアットローン しんわ 安い ミニストップ 管理 一番 安定

動かとは?/ アットローン

[ 152] 動かないコンピュータ Forum
[引用サイト]  http://itpro.nikkeibp.co.jp/ugokanai/

情報システムの失敗事例を実名で掲載。創刊以来の好評連載「動かないコンピュータ」が読めるのは、日経コンピュータだけ。今すぐ、確実にお読みいただける定期購読をお申し込みください。
動かないコンピュータは手強い敵です。難敵をうち破るには,情報システムに関心を持つ諸賢の知恵と経験を集めて,闘いを挑まなければなりません。そこで,動かないコンピュータにまつわる様々なテーマを幅広く議論し,考えることを目的とするフォーラムを開設しました。ぜひとも多くの方のご参加をお願いします。
2004年6月から,「動かないコンピュータ・フォーラム」は,ITproのコラム「記者の眼」の一部として運用することにしました。毎月,主宰者が設定したテーマに沿って読者の皆様に意見をお聞きする記事を掲載し,後日,その結果をお知らせする記事を掲載する予定です。
前回の「果たして今、基幹系システムを再構築すべきか」に対して200人を超す方からご意見をいただきました。いずれも大変参考になるご意見でした。
景気の回復が伝えられるようになった。これまで絞ってきたシステム投資を増やす,という話を聞くことも多い。取材のなかでも,基幹系システムの再構築を手がける企業が増えてきた印象を受けている。果たして今,塩漬けになっていた基幹系システムを再構築すべきなのだろうか。今回はこのテーマについて考えてみたい。
前回の「CIOは動かないコンピュータを減らせるか」に対しては,89件のご意見をいただきました。「CIOの働きによって動かないコンピュータやシステム・トラブルは減るとお考えですか」との質問に対して,減ると回答された方は,全体のほぼ3分の2に当たる59人。逆に「減らない」との回答は8人だけでした。ITpro読者の皆さんは,システム開発に伴うトラブルやシステム障害などの「動かないコンピュータ」を撲滅するために,CIOの果たせる役割は大きいと考えておられるようです。
今回のフォーラムではCIO(最高情報責任者)と動かないコンピュータの関係について取り上げたい。果たして、CIOが全力を尽くせば、システムに関連する深刻なトラブルを減らすことができるか、についてである。
昨日の「証券取引所に課せられた責任は重い 」に続き,「証券取引所でシステム障害やトラブルが頻発しているが,その責任の所在はだれにあると考えているか」という質問に対して読者の皆さんが寄せてくださった回答を紹介していく。
製品&サービス・ディレクトリ業務アプリケーション設計開発OS/DB/ミドルウエアサーバー/ストレージ
|著作権・リンクについて|個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用について|サイトマップ|

 

[ 153] Amazon.co.jp: 動かないコンピューター ― 情報システムに見る失敗の研究: 日経コンピュータ: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a??a??a?aa??a?3a?3a??a?\a??a??a??-a?-a??a?±a?・a?1a??a??a?≪e|?a??a?±a??a?Rc??cc¶-a?\cμ?a?3a?3a??a?\a??a??/dp/4822207846

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
今から以内にレジに進み、「お急ぎ便」オプション(有料)を選択して注文を確定されたご注文が対象です。 詳しくはこちら
動かないコンピュータ情報システムの総合誌「日経コンピュータ」が1981年の創刊以来、追求してきたテーマの1つに「動かないコンピュータ」がある。動かないコンピュータとは「情報システムに関する失敗やトラブル」のこと。同誌では最新のシステムや技術を取材して提案する一方、後を絶たない導入失敗事例から目をそらすわけにはいかないという信念に基づき、あえてそうした暗部をリポートし続けてきた。実名報道される企業には痛みを伴う企画だが、読者の支持も高い。記憶に新しいみずほフィナンシャルグループの情報システム障害では、『システム障害はなぜ起きたか―みずほの教訓』(日経BP社)を緊急出版し、原因の多角的究明を試みるなど、その成果が評価されている。本書ではトラブルに遭遇した企業の事例を大規模システム、中堅・中小企業、海外の企業に大別して示す。過去の事例ということで企業の実名は伏せられている。しかし、完成したばかりの新基幹系システムを廃棄し、16億円の特別損失として処理せざるを得なかったメーカーの事例、300億円を投じた新システム開発を打ち切った大手通信会社の事例が赤裸々に報告されている。我が国コンピュータ裏面史として読み解きたい。(日経ビジネス2003/1/27Copyright©2001日経BP企画..Allrightsreserved.)
不具合、システム・ダウン、ユーザー大混乱……情報システムのトラブルはいたるところにある。みずほ銀行のシステム障害は氷山の一角にすぎない。実例50件を通じ,失敗の原因を徹底分析する。 コンピュータ登場以来,情報システムにまつわるトラブルは後を絶ちません。専門誌「日経コンピュータ」が取材した約300件のトラブル事例から、教訓を読みとれる事例を50件選び、最新事例を加えて単行本化。 本稼動の延期、構築途中のシステムの廃棄、稼動中の障害発生、システムからの情報漏洩など、失敗事例は後を絶ちません。その原因として、計画に無理があった、要件があいまいで設計変更が頻発した、テストが不十分だった、構築を担当するベンダーの力量あるいは説明が不足していた、といったことが挙げられます。本書では、さらに一歩進んで、それらの直接的な原因の背景にまで迫ります。 情報システムが日常生活に不可欠となり、企業経営と不可分となった今、多くの方にお読みいただきたい1冊です。 ◆詳しい内容 第1章 増える「動かないコンピュータ」 システム障害で取引停止を言い渡された大手製造業,多数の顧客に迷惑をかけたカード会社など,最新事例を書き下ろしで報告する。 第2章 パッケージ・ソフトの導入に手こずる オフィス・ソフト,基幹業務パッケージなどソフト製品に不具合があり,トラブルに巻き込まれた事例を報告。 第3章 大規模システム開発の相次ぐ失敗 金融,通信,メディア,流通,製造といった各業種の大手企業における,大規模プロジェクトの失敗事例を報告する。なぜ開発が遅れたのか,稼働直後のトラブルはなぜ起きたかを検証する。 第4章 中堅・中小企業が失敗する十一の理由 事務所の片隅でほこりをかぶり,だれも使っていないオフィスコンピュータ。どうしてこんなことになってしまったのか。中堅企業の社長や担当者に直接取材し,原因を明らかにする。 第5章 世界各国で座礁,インターネット・システム オンライン証券会社,オークション会社など,eビジネスにおけるシステム障害はその企業の命取りになりかねない。日本はもちろん,世界中でトラブルは起きている。 第6章 万全の対策、しかし停止する大規模システム 取引所の売買システム,銀行のATM,運輸業の座席予約など,オンライン・システムの障害が後を絶たない。なぜシステムは止まってしまうのか。
日経コンピュータの確かに面白いコラムである「動かないコンピュータ」というタイトルが付いて期待が大きかっただけに、大きく期待を裏切られた印象です。そもそも、このコラムが面白いのはリアルタイムに近いタイミングで、実名があがったシステムを詳細に説明する事、それによるリアリティと緊張感であった事が理由であると再認識しました。元々システム開発の現場にいない人の総論は、まさに「総論」でしかなく、そりゃそうだよねと酒の席でも言える話以上に感じれないです。その後は200ページ弱に50の事例、どう考えてもページ数が足りない。結果ひとつひとつがすごく薄っぺらくて、本当に結論しかなく、「お話」以上とするにはいくら何でも弱すぎます。しかも文章から推測できる程度の中途半端な匿名、さらに話が具体性を欠いてしまっています。(加えてひどい事に一部の海外ベンダーだけ実名かつあまり印象が悪くならないような書き方で、まるで宣伝かと思いました。)構成も中途半端で、昔の中小企業と最近の大企業の事例だとほとんどの場合視点が全く違うのに、それを並べられても読んでいる方は混乱するだけで、結局説得力を失っています。また80年代のEUC、PC化、ユーザのリテラシー向上が進んでなかったころの事例から今の読者への結論を直接引き出すのはあまりにも無謀ではないかという印象も受けます。何か読んでいて「若いコンサルタントが作るバインダ」みたいに見えました。この本から何か得られるモノがあったかというと、結局ないというのが結論です。結局毎週日経コンピュータでコラムを読んで、というのがメッセージなのでしょうか。コンピュータシステムのデベロッパーの立場では話のネタにできるので星2つつけましたが、何か深刻に学ぼうとするユーザの方だと星1つの印象です。
私は、この本に取り上げられている、失敗プロジェクトに実際に関わったものです。技術的な分析や原因など内容については、甘いものがあります。しかし、失敗が起こっていることをより多くの人に知ってもらうためには、よい本だと思います。欧米は失敗プロジェクトについて深く分析した専門書がでていますが、まずはこの本レベルでも知って欲しいと考えます。 特に、「必要な人材や期間が準備されず、合理的な判断に基づかずに、開発を推進すると、どういう結果をまねくか」ということを、エグゼクティブ層の方に認識していただきたいと思います。同僚のSEは失敗プロジェクトのために、1年間で10日しか休みませんでしたし、プロジェクト終了後に急死された方もいます。仕様の検討中に殴り合いの喧嘩寸前までいったり、ノイローゼになった方もいます。 この本をきっかけにして、開発の現場部隊に安直な竹槍精神と特攻隊精神を要求するエグゼクティブ層に対し、社会的責任追求の文化を日本がもつようになることを期待します。
最近、つとに。サラリーマンの読書としては、成功者の自慢本よりも、ビジョナリーの展望本よりも、このような実務的な失敗をまとめた失敗本の方が価値が大きいと感じる。今後もこの分野の本が、継続的に、より広く、より深く出版され続けることを望みたい。第四章の中堅・中小企業が失敗する11の理由。これは、中堅・中小企業に限らず、今時の、システムなくしてビジネスなしという時代の経営者のチェックリストとして、何かにつけて振り返られるべき、秀逸なものなのではないかと思う。
読後感は人によって評価の分かれる本と思うが、日経コンピュータ創刊以来20年以上動かないコンピュータを追い続けた名物コラムを一冊にまとめた意義は非常に大きい。続きを読む
失敗から学ぶ系の本はときどき読みますが,この本も比較的売れているようだったので何となく買ってみました.しかし,内容はほとんど中途半端な事例の羅列に過ぎず,何も得...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

アットローンのサイトです。

アットローンのサイトです。