レイクのサイトです。
サイド 問題 ますます 現在 トラウトレイク 良き 作り 浅川 大人 pluginspage ウインレイクヒルホテル 訪れ ダイアリー オリーブ 雰囲気 神前 取扱い 報告 約束 もっと ライム ライトアップ 延期 購入 申込 バイオリニスト 一夜 カード

花火とは?/ レイク

[ 334] Amazon.co.jp: 花火: 川内 倫子: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/e?±c?≪-a・?a??-a≪a-?/dp/4898150535

花火が打ち上げられるところならどこでも駆け巡った。夏の夜風、土手を走る子どもの足音、露店から漂うりんご飴の甘酸っぱい匂いと美しくそこはかとない悲しみ。花火の向こうに写真家は何を見たのだろうか。
他のレビュアーのかたがたの評価が例外なく抜群に高いので、一体どんな写真集なのかと思い、興味津々ページを繰ってみました。 結論から先に言えば、「はて?」というのが感想です。 ピントが甘い写真。 水平が取れていない写真。 中央にどんと電信柱が異物のごとくそびえ立ち、その向こう側に散る花火をシャッター速度を遅くして撮影した(手ぶれ)写真。 そうした「作品」がおよそ60枚、この薄手の写真集には収められています。 随分とへたくそなスナップ写真です。あまりのヘタさ加減に、どう撮ったらこれほどのものが撮れるかと首をかしげるばかり。 おそらく意図しなければこれほどの「作品」は撮れないのでしょう。もちろんそれがこの写真家の「意図」なのでしょうが、私はその「意図」を買いません。 たとえば人間の認識能力というのはよく出来たもので、仮にこの写真集のように実際に電信柱の向こうに花火を目にしても、日を経ればやがて花火の美しさだけが印象に残って、手前に電信柱があったことは記憶から遠のいていくものです。 ところがこの写真集は手前の異物がどうにもこうにも邪魔でなりません。取り除きたくてもそれはかないません。ですからこの写真群が、私の記憶の中で昇華された花火体験とは重なることがないのです。 決して安くはない写真集として世に出した以上、本屋での立ち読みや、ギャラリーで眺めるだけでなく、購入物として消費活動に値するかどうかも判断すべきでしょう。その価格に見合う内容かどうかを判断する権利が消費者である読者にはあります。しかしこの写真集に関しては価格と内容について私はどうしても肯定的な感想を持てません。 よけいなお世話かとも思ったのですが、アマゾンのサイトはあくまで商品カタログであり、実際に商品を手にすることがかなわない読者に対して、私の感想が少しでもお役に立てばと思って投稿しました。
写真集。大阪、千葉、群馬、神奈川、東京ノノ競馬場、温泉街、川べり。花火が打ち上げられるところならどこでも駆け巡った。夏の夜風、土手を走る子どもの足音、夕立をよぶ雲、露店から漂うりんご飴の甘酸っぱい匂いと美しくそこはかとない悲しみ。いろとりどりの舞いに吸い寄せられ、まばたきをした瞬間、官能的で優雅な宴は終わりをつげる。川内は花火の向こうに何を見たのだろうか。
今年の夏にたまたま行った青山リトルモアギャラリーで、思わず一目ぼれしてしまった写真集。 民家の脇やホテルの窓,さらには高速道路を走る車の中からなど、さまざまな視点から花火を撮影しているので、写真を見た瞬間、新鮮さとともに、自分があたかもその場にいるかのような臨場感が味わえました。 ちょっとシーズンは過ぎちゃいましたけど、この夏、実際に花火大会に行った人もそうじゃない人も、この一冊でもう一度夏の醍醐味を味わってみてはいかがでしょうか。
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

レイクのサイトです。

レイクのサイトです。